ここから本文です

・ 選手、監督

お気に入りフォルダに追加
「サッカー日本代表チーム > 選手、監督」に関するサイトをまとめました。公式サイトや、「吉田麻也」「山口蛍」など、Yahoo!JAPANのスタッフがピックアップしたサイト、ブログ、SNSを掲載しています。
公式サイト
SAMURAI BLUE - 選手情報(2017年招集選手)

SAMURAI BLUE - 選手情報(2017年招集選手)

www.jfa.jp/samuraiblue/member/

2017年の代表招集選手の一覧。

別ウィンドウで表示

「選手 監督」の関連カテゴリ検索結果
ワールドベースボール・クラシック > 選手、監督

ワールドベースボール・クラシック > 選手、監督

「ワールドベースボール・クラシック > 選手、監督」に関するサイトをまとめました。

別ウィンドウで表示

プロ野球 - 速報、ニュース、結果、日程

プロ野球 - 速報、ニュース、結果、日程

プロ野球速報や試合日程、ニュースや順位表など、プロ野球に関するサイトを集めました。プロ野球チームやドラフト、リーグ情報などのほか、選手や監督、団体の情報サイトもまとめています。

別ウィンドウで表示

サッカー > 監督、コーチ > ヴァヒド・ハリルホジッチ

サッカー > 監督、コーチ > ヴァヒド・ハリルホジッチ

ヤブラニツァ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身のサッカー指導者。元サッカー選手で、選手時代のポジションはフォワード。ユーゴスラビア代表として、1982年のスペインワールドカップにも出場した。2015年3月、サッカー日本代表監督に就任。対戦相手によってフォーメーションを変える采配が特徴。

別ウィンドウで表示

登録サイト
吉田麻也

吉田麻也(11)

長崎県出身のプロサッカー選手。イングランド・プレミアリーグのサウサンプトンFC所属。ポジションはセンターバック。2007年に名古屋グランパスエイトでプロデビュー。2009年12月、オランダのVVVフェンロに移籍。2012年にサウサンプトンへ加入。オーバーエイジ枠として出場したロンドン五輪では、キャプテンとして活躍。A代表初召集は2010年。2011年以降はレギュラーとして代表に定着している。

山口蛍

山口蛍(9)

三重県出身のプロサッカー選手。Jリーグ・セレッソ大阪所属。セレッソの下部組織出身で、2009年にトップチームへ昇格し、2012年からレギュラーに定着。2015シーズン終了後にドイツ・ブンデスリーガのハノーファー96へ移籍するも、半年で当時J2のセレッソに復帰。2017年シーズンから背番号「10」番を背負う。A代表デビューは2013年の東アジアカップで、同大会のMVPに選出された。

武藤嘉紀

武藤嘉紀(5)

東京都世田谷区出身のサッカー選手。ブンデスリーガ・1.FSVマインツ05所属。FC東京下部組織出身で、慶應義塾大学を経て、2014年にFC東京に加入。ルーキーイヤーに日本代表デビューを果たし、Jリーグ優秀選手賞、ベストイレブンにも選出された。2015シーズン途中にマインツへ移籍。

三浦弦太

三浦弦太(9)

愛知県豊橋市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはディフェンダー。2013年に清水エスパルスでプロデビュー。2017年にガンバに移籍し、開幕からセンターバックの定位置を獲得。5月にA代表初招集。

槙野智章

槙野智章(9)

広島県広島市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー。2006年にサンフレッチェ広島でプロデビュー。2011年にはドイツ・ブンデスリーガの1.FCケルンへ移籍。2012年から浦和でプレーしている。

本田圭佑

本田圭佑(14)

大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。メキシコ・1部リーグのCFパチューカ所属。日本代表。2005年に名古屋グランパスエイトでプロデビュー。2007シーズン終了後に海外に渡り、オランダのVVVフェンロ、ロシアのCSKAモスクワでプレー。CSKAとの契約が満了した2014年冬にイタリアセリエA・ACミランに移籍し、背番号10を背負う。2017年7月にパチューカに移籍。背番号は「02」。

東口順昭

東口順昭(8)

大阪府高槻市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ポジションはゴールキーパー。2009年にアルビレックス新潟で公式戦デビューし、2010年からレギュラーとして活躍。2011年には日本代表に選出された。2014年からジュニアユース時代を過ごしたガンバでプレーしている。

ヴァヒド・ハリルホジッチ

ヴァヒド・ハリルホジッチ(3)

ヤブラニツァ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身のサッカー指導者。元サッカー選手で、選手時代のポジションはフォワード。ユーゴスラビア代表として、1982年のスペインワールドカップにも出場した。2015年3月、サッカー日本代表監督に就任。対戦相手によってフォーメーションを変える采配が特徴。

原口元気

原口元気(10)

埼玉県熊谷市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・ヘルタ・ベルリン所属。浦和レッドダイヤモンズの下部組織出身で、ユース在籍中の2008年にトップチームで公式戦デビューを果たす。2014年から浦和の「9番」を背負ったが、同年5月にヘルタ・ベルリンへ移籍。A代表デビューは2011年。2016年にはワールドカップアジア最終予選で4試合連続得点を記録した。妻はタレントの香屋ルリコ。

長谷部誠

長谷部誠(7)

静岡県藤枝市出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガのアイントラハト・フランクフルト所属。日本代表。2002年に浦和レッドダイヤモンズに入団。2008年以降はドイツ・ブンデスリーガでプレー。日本代表では2010年のワールドカップ以降、キャプテンを務める。妻はタレントの佐藤ありさ。

長友佑都

長友佑都(14)

愛媛県西条市出身のプロサッカー選手。セリエA・インテル・ミラノ所属。ポジションはサイドバック。プロキャリアをスタートさせたFC東京から2010年夏にセリエAのACチェゼーナに移籍。2011年1月にインテルに移籍。2010年南アフリカ、2014年ブラジルワールドカップメンバー。妻は女優の平愛梨。

中村航輔

中村航輔(6)

東京都出身のプロサッカー選手。Jリーグ・柏レイソル所属。ポジションはゴールキーパー。レイソルの下部組織出身で、2013年にトップチームへ昇格。2015年は期限付き移籍でJ2・アビスパ福岡で経験を積み、2016年に柏レイソルに復帰。2017年5月にA代表に初招集された。

高萩洋次郎

高萩洋次郎(7)

福島県出身のプロサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。サンフレッチェ広島ユース出身で、2003年に第二種登録選手としてトップチームに帯同。シーズン途中にトップチームとプロ契約し、クラブ史上初のプロの高校生Jリーガーとなった。愛媛FCに期限付き移籍した2006年を除き、2014年まで広島でプレー。J2優勝や、J1連覇に貢献した。2015年からはオーストラリア、韓国でプレー。2017年にFC東京に移籍。A代表デビューは2013年で、2017年に3年8カ月ぶりの代表復帰を果たした。

杉本健勇

杉本健勇(8)

大阪府出身のプロサッカー選手。Jリーグ・セレッソ大阪所属。セレッソの下部組織出身の大型FW。2017年、5試合連続ゴールなど、Jリーグでゴールを量産。8月24日、ワールドカップ最終予選に臨む日本代表に初選出された。

昌子源

昌子源(9)

兵庫県出身のプロサッカー選手。Jリーグ・鹿島アントラーズ所属。2011年に土居聖真、柴崎岳(ヘタフェ)らとともに鹿島に入団。2014年にレギュラーを獲得し、リーグ戦全試合出場を果たした。2016年にはクラブワールドカップでディフェンスの中心としてプレーし、決勝進出に貢献した。

柴崎岳

柴崎岳(5)

青森県出身のプロサッカー選手。スペイン1部リーグ・ヘタフェCF所属。青森山田高校卒業後、2011年に鹿島アントラーズに入団。2012年にベストヤングプレーヤー賞を受賞。2016年シーズンは鹿島で日本人2人目となる背番号10を背負う。その年のクラブワールドカップ決勝でレアル・マドリード相手に2得点をあげ、話題に。シーズン終了後の2017年1月にスペイン2部リーグのCDテネリフェに移籍。同年夏にヘタフェに移籍し、開幕戦でスタメンデビューをかざった。

酒井宏樹

酒井宏樹(5)

リーグ・アンのオリンピック・マルセイユ所属。日本代表。ポジションは右サイドバック。柏レイソルの下部組織出身で2009年にトップチームに昇格。2011年にはベストヤングプレイヤー賞を受賞。2012年に日本代表デビューを果たし、ロンドン五輪にも出場。2012年7月にブンデスリーガ・ハノーファー96へ移籍。2016-17シーズンからマルセイユでプレーしている。

酒井高徳

酒井高徳(10)

ブンデスリーガ・ハンブルガーSV所属。日本代表。ポジションはサイドバック。日本では、Jリーグ・アルビレックス新潟でプレー。2012年1月にブンデスリーガ・シュツットガルトに移籍。2015年7月に移籍したハンブルガーSVではチームキャプテンを務める。

小林祐希

小林祐希(9)

東京都出身のプロサッカー選手。エールディヴィジ・SCヘーレンフェーン所属。ポジションはMFで左利き。東京ヴェルディの下部組織出身で、2011年にトップチームに昇格。2012年の夏にジュビロ磐田に加入。2016年5月にA代表に初招集され、6月のボスニア・ヘルツェゴビナ戦でデビュー。2016年夏にヘーレンフェーンに移籍。

久保裕也

久保裕也(6)

ジュピラー・プロ・リーグ・KAAヘント所属。京都サンガF.C.所属時の2012年2月に高校3年生でA代表に初選出された。2013年夏、スイスのヤングボーイズに移籍。2016年のリオデジャネイロオリンピック本大会のメンバーに選出されていたが、大会直前にクラブが招集を拒否し、出場辞退となった。2016年11月にA代表に召集され、その後は代表に定着。2017年の冬からヘントでプレーしている。

川島永嗣

川島永嗣(8)

埼玉県出身のプロサッカー選手。リーグ・アンのFCメス所属。日本代表。ポジションはゴールキーパー。浦和東高校卒業後、大宮アルディージャに入団。名古屋グランパスエイト、川崎フロンターレを経て、2010年の夏以降はベルギー、スコットランド、フランスなどヨーロッパでプレー。日本代表としては2010年ワールドカップ南アフリカ大会、2014年ブラジル大会に出場。

香川真司

香川真司(13)

兵庫県出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガのボルシア・ドルトムント所属。セレッソ大阪でプロとしてのキャリアをスタートさせ、2010年にドイツのドルトムントへ移籍。主力としてリーグ連覇に大きく貢献した。2012年7月、イングランド・プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドへ移籍し、2年間在籍。2014年8月にドルトムントに復帰した。日本代表では背番号10を背負う。

岡崎慎司

岡崎慎司(12)

兵庫県宝塚市出身のプロサッカー選手。プレミアリーグ・レスターシティFC所属。日本代表。2015-2016シーズン、レスターの一員としてプレミアリーグ初優勝。クラブ創設132年で初のプレミアリーグ優勝という歴史的なメンバーの一員となった。2016年には、アジア国際最優秀選手賞を初受賞。

大迫勇也

大迫勇也(6)

鹿児島県出身のプロサッカー選手。ブンデスリーガ・1.FCケルン所属。日本代表。鹿児島城西高校3年時の全国高校選手権で1大会最多得点記録となる10ゴールをマークし、チームを準優勝に導いた。卒業後は鹿島アントラーズに入団し、1年目から試合に出場。2014年1月にドイツ2部のTSV1860ミュンヘンに移籍。2014年の夏からケルンでプレーしている。

植田直通

植田直通(5)

熊本県出身のサッカー選手。ポジションはセンターバック。鹿島アントラーズ所属。熊本の大津高校卒業後、鹿島アントラーズに入団。リーグ戦デビューは2014年。FIFAクラブワールドカップ2016では堅い守備で決勝進出に貢献。リオデジャネイロオリンピックでは3試合にフル出場。

乾貴士

乾貴士(10)

滋賀県出身のプロサッカー選手。リーガ・エスパニョーラのSDエイバル所属。2011年にセレッソ大阪からドイツのVfLボーフムへ移籍。その後、アイントラハト・フランクフルトでも活躍し、2015年の夏にエイバルへ移籍。2016-2017シーズン、最終節のFCバルセロナ戦で2得点。日本人で初めてバルセロナから得点を奪って話題に。

井手口陽介

井手口陽介(8)

福岡県福岡市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・ガンバ大阪所属。ガンバ大阪の下部組織出身で、ユースチーム在籍中の2014年にトップチームに昇格。2016年にYBCルヴァンカップニューヒーロー賞とJリーグベストヤングプレーヤー賞を受賞した。リオデジャネイロオリンピックではチーム最年少の19歳でメンバーに選出された。2017年6月に20歳でA代表デビュー。8月31日のワールドカップアジア最終予選・オーストラリア戦では後半に代表初ゴールを挙げ、チームの勝利と本大会出場権獲得に貢献した。

浅野拓磨

浅野拓磨(9)

三重県出身のプロサッカー選手。ドイツ・ブンデスリーガ・VfBシュトゥットガルト所属。四日市中央工業高校卒業後、サンフレッチェ広島に入団。2016年夏、プレミアリーグ・アーセナルFCへの完全移籍が発表されたが労働許可が下りず、当時ブンデスリーガ2部のシュトゥットガルトに期限付き移籍。1部昇格を果たした2017-18シーズンもシュトゥットガルトでプレーしている。2017年8月31日、ワールドカップアジア最終予選・オーストラリア戦で先制点を挙げ、チームの勝利と本大会出場権獲得に貢献した。愛称は「ジャガー」。

サイトの登録・変更・削除
掲載について知りたい
サイトの登録・変更・削除 ※Yahoo!カテゴリは、2018年3月29日にサービスを終了します。詳しくはこちらをご参照ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

PAGE TOP